柳本藩:柳本陣屋<織田信長の末弟 有楽斎の5男系統>
柳本藩 /柳本陣屋:大和(奈良)天理市 織田家 外様 10千石【柳間】子爵 ☆織田尚長が1615年、父から分与受け柳本藩を立藩し13代250余年在封
柳本藩の陣屋跡は現在の柳本小学校中心。家老宅門。江戸の面影が残る町並。柳本藩織田家菩提寺の専行院移設表向御殿/橿原神宮文華殿 
柳本藩探訪歴:平成8年8月探訪//同23年6月再訪B:高野山/同28年4月再訪C吉野桜紀行柳本藩 柳本藩の宗藩:大和芝村藩10千石
柳本藩陣屋周辺
※一口メモ:@柳本藩織田家とは:織田信長の末弟、織田長益(有楽斎)は関ヶ原の戦い後、大和に32千石を与えられた。その長益の5男、織田尚長が父から1万石分地を受け柳本藩を立藩した。
A幕末維新時の柳本藩:維新時の柳本藩は勤王・佐幕の争いもなく、大勢に順応して新政府軍に恭順した。  

                                     <幕末275藩           <戻る
 柳本藩織田家菩提寺の専行院/11代秀陽公 (柳本藩は、11代秀陽公の御世に陣屋大名から城主格大名に昇格)
柳本藩の城下町、江戸の面影が残る町並
柳本藩家老長屋門
柳本藩の陣屋御殿/橿原神宮文華殿
柳本藩の菩提寺、墓所は、初代が東禅寺/港区、10代秀綿が天真寺/港区、13代信及が祥雲寺・渋谷とまちまち