矢田代官屋敷/吉井藩の代官屋敷
矢田代官屋敷:群馬県高崎市吉井町矢田  矢田代官屋敷  矢田代官屋敷探訪:2011.10/ 2013.04再訪
 吉井藩1万石松平家の矢田代官屋敷。7千石の旗本、鷹司松平信平は紀州候の姫君を迎え、矢田に代官所を置いた。孫の信清が宝永6年(1709)、3千石を加増され1万石の大名に列し、陣屋を矢田に定めた。宝暦2年(1752)に陣屋を吉井に移すまでこの代官所が藩政の中枢をなしていた。これが今なお矢田代官屋敷と呼ばれるM家の屋敷である。遺構としては北部の土居と堀跡、東南部の石畳と堀跡などがあり、規模は東西120m、南北100m。 M家の主屋は幕末の吉井陣屋の主殿が払い下げられたもので、式台つきの玄関があり、江戸時代の建築様式が残っている/吉井郷土資料館様教示
矢田代官屋敷のM家:M家は江戸時代に吉井藩の代官を出した家の一つ。
Back