谷戸城
谷戸城(やとじょう):山梨県北杜市大泉町谷戸2414(ふるさと歴史公園)   谷戸城探訪:2014.08
 国指定史跡。谷戸城の築城は伝、逸見氏といわれている。逸見清光(甲斐源氏の祖)が常陸国から甲斐に配流となり、ここに城を築いた。後に、甲斐源氏武田氏となる系統は清光の次男、信清の系統である。歴史は下り、天正10年(1582)、武田勝頼が天目山で自刃し滅亡した後は、谷戸城は小田原北条氏の城となったが、徳川家康に頼った旧武田勢の奇襲で北条勢は大敗して谷戸城を捨て敗走した。 逸見清光の菩提寺は清光寺。 
 逸見清光⇒光長(嫡男)⇒基義⇒惟義⇒義重⇒惟長で絶家。 
 逸見清光⇒信清(次男:武田姓を名乗る)⇒甲斐源氏武田氏として戦国の雄となる⇒白山城。
 深草館から見た谷戸城  谷戸城の航空写真(掲示板から)
 谷戸城の登城口                谷戸城の二の郭
 
 谷戸城の虎口  谷戸城の一の郭
 
                谷戸城の三の郭                 谷戸城の帯郭
 
甲斐源氏の祖、谷戸城主逸見清光の菩提寺清光寺  谷戸城主逸見清光の墓、脇に一族の墓有り
 Back