八代城 
八代城:熊本県八代市  /熊本藩筆頭家老の松井家2万石の城下町                  松代城探訪歴:昭和50年5月帰省の途次、探訪
元和元年(1615年)の一国一城令後も、肥後国は熊本城と麦島城の一国二城体制が認められた。しかし、元和5年の大地震によって、麦島城は崩壊した。熊本藩主の加藤忠広は幕府の許可を得て、城代の加藤正方に命じて徳渕の津北側に城を再建し、同8年(1622年)に竣工した。これが、現在の八代城で、明治維新まで肥後国の一国二城体制が続いた。 寛永9年(1632)、加藤氏が改易され、豊前小倉藩主の細川忠利が熊本藩主となり、忠利の父・細川忠興と四男立孝八代城に入城した。忠興は八代城の整備を行った。その後、八代城は細川家の筆頭家老でかつ将軍直臣の身分も持つ松井興長が城主となった。これ以後、代々松井氏が八代城を治めた。  
 松井家別邸の松浜軒。 八代城の城代、松井家菩提寺の春光寺。  八代城移設門/本成寺
八代城本丸と天守台石垣