淀藩:淀城
淀藩/淀城:山城(京都市淀区)稲葉家 譜代 102千石【雁間】 子爵
城の中にホーム。鳥羽伏見の戦いで城下焼失
春日局の子孫。 淀藩稲葉家菩提寺&墓所の鱗祥院 /東京文京区。 伏見寺田屋・明治天皇。  淀藩
☆稲葉正知が1723年淀藩に入封し12代140余年在封
 淀藩探訪歴:平成5年2月探訪/同9年4月再訪/同26年7月更新
淀藩の支藩:安房館山藩10千石・宗家筋で臼杵藩50千石
淀藩、淀城址の石垣
淀藩、稲葉家廟所
 淀城の築城:@先ず 中世の淀城は、管領細川政元が築城した。A次ぎは豊臣秀吉が天正17年、細川氏の淀城を改修した。 大坂夏の陣で豊臣氏が滅ぶと元和9年(1623)に松平家(久松)が掛川から移り、近世淀城を築城させた。この時の天守は二条城の天守が移築された。
坂本竜馬ゆかりの伏見寺田屋に寄る 淀藩
春日局の墓/淀藩

※一口メモ:
@淀藩稲葉家とは:稲葉正成が始祖である。正成は寛永4年(1327)に真岡2万石⇒
子、正勝(春日局実子)が小田原藩⇒高田藩⇒佐倉藩
⇒享保8年(1723)に淀藩に入封した。
A淀藩の藩主変遷:松平家(久松)→永井家→石川家→戸田家→松平家(大給)→1723年、稲葉家が佐倉から淀藩に入封し藩主家が定着した
B幕末維新時の淀藩:維新時の淀藩の藩主は江戸城にありしかも老中であった。鳥羽伏見の戦いに敗れた幕府軍が敗走して淀城に逃げこもうとしたが、城門を閉じて拒否し、新政府軍に帰順した。(その後、淀藩からの出兵は400名)。

淀藩稲葉家菩提寺の鱗祥院