歴史の生き証人 玉楠の樹

 幕末の1854年、ペリーが戦艦7隻で、2度目の来航。 ここ、 横浜で日米和親条約を締結(下絵)。
その時に、締結を見守っていた玉楠の樹は、関東大震災で幹は焼けたが、根っこは残り、再び蘇っている。
      

.横浜開港資料館の中庭