本多正純:徳川幕府創業時の権臣であった、正純、正勝父子は2代将軍秀忠の暗殺謀反(宇都宮城吊天井)の企てという疑いをかけられ、宇都宮藩15万5千石を改易、1624年佐竹家に預かりの身となり、横手城の3の丸に移された。息子の正勝は1630年病死、正純は1637年享73歳で死んだ。本多家は正勝の次男正之が3000石の旗本で明治まで続く。  墓碑等は横手城の東麓にある(菩提寺や墓地ではない)。
 横手城              <横手城は1615年の一国一城令の例外城> 
横手城模擬天守閣//横手公園
横手城:秋田県横手市 久保田藩支城 城代戸村家                  横手城探訪歴: 20008.08(横手かんぽ宿泊)/2014.01更新
       横手城跡は横手公園。  横手城の領主、戸村家菩提寺の龍昌院。  羽黒町の武家屋敷町。  本多正純の墓
                                     羽黒町に残る武家屋敷町/横手城/横手城の城下
横手城領主、戸村家菩提寺の龍昌院&戸村家の墓
有名人の墓へ
本多正純の墓
         横手城の城下町にて 鍛治町の町並 横手城
※一口メモ:横手城の築城は小野寺氏で時期は不明。戦国時代までは小野寺氏が横手城を本拠にしていた。関ヶ原の戦い(1600)では当時の横手城主であった小野寺義道は上杉景勝方であったので、慶長6年(1601)に改易された。その後一時的に最上氏の手に渡る。慶長7年(1602)、久保田藩に佐竹氏が転封されてくると横手城も佐竹家の所有となり、城代が入れられた。横手城は一国一城令の例外城として破却を免れた。