伊予吉田藩:伊予吉田陣屋
伊予吉田藩/伊予吉田陣屋:伊予(愛媛)宇和島市吉田 伊達家・宇和島藩分家 30千石 外様【柳間】子爵 
伊予吉田藩の陣屋は図書館辺り。 商家町並。  伊予吉田藩伊達家菩提寺の大乗寺と墓石群。 安藤神社。
伊達宗純が1657年父(宇和島藩主)の遺領を分与され伊予吉田藩を立藩しら9代210余年在封  伊予吉田藩探訪歴平成10年5月探訪/同24年9月

※一口メモ
@幕末維新時の伊予吉田藩:維新時の伊予吉田藩は宗藩の宇和島藩と行動を共にし、新政府に恭順した。
A武左衛門一揆:伊予吉田藩が強行した「紙」の専売制度の取り下げを求めて、寛政5年2月、全村86ケ村が一斉に立ち上がり、宗藩の宇和島領へ訴え出た(5代藩主、村賢)。駆けつけた伊予吉田藩家老安藤儀太夫は、藩政の非をわびて、百姓の面前で切腹。宇和島藩は、願いの筋は認め、罪も問わずという裁決を出した。上大野村の百姓武左衛門は、3年間、藩内を廻って24人の同志を得、この一揆を大成功に導いた。「これでは百姓の丸勝ちではないか」と藩はくやしがり、一年後、藩の役人が、巧みにその名を聞き出し、逮捕するや直ちに首を打ったと伝えられている。 

伊予吉田藩の家老を祭った安藤神社/安藤氏屋敷跡
伊予吉田藩、藩主の歴代墓所
吉田藩城下の四国道の家並
図書館の右手駐車場入口⇒
伊予吉田藩の陣屋跡
伊予吉田藩伊達家菩提寺の大乗寺
思い出の一コマ: 平成10年、JR無人駅にてのんびりと列車を待つ。伊予吉田の町並風景。(伊予吉田藩の城下にて)