要害山城/武田信玄生誕城 
要害山城:山梨県甲府市上積翠寺町       国指定史跡  要害山城探訪:2014.08
要害山城は武田信虎が躑躅ケ崎館に居を移した翌年の永正17年(1520)に詰の城として築いた。大永元年(1521)、今川勢が甲斐国に侵攻したので、信虎の夫人、大井の方は躑躅ケ崎館から要害山城に籠った。この時に武田信玄が誕生した。
天正3年(1575)の長篠の戦いで大敗した武田勝頼は要害山城の改修に取り組んだが、天正9年(1580)には新たに新府城を築いた。天正10年(1581)に武田氏が滅亡し、本能寺の変で織田信長が死去すると、甲斐国の領有をめぐり徳川氏と小田原北条氏が争ったが、徳川氏の支配領地となった。その後、要害山城は慶長5年(1600)に廃城となる。
☆要害山城へは積翠寺要害温泉の<ホテル要害>の駐車場脇から登城し35分ぐらい。  標高770m。    
要害山城遠望/標高770m  登城口から35分要した  要害山城の配置図/登城口にあり
 
             要害山城へ                      堅堀跡や土塁標識があるが草に覆われている
                 門跡                   要害山城曲輪跡                     上へ上へと登る 
 
次ぎ次ぎと門跡や曲輪跡が出てくる 
 要害山城の本丸への門跡  要害山城本丸跡と武田信玄生誕碑
 Back