湯築城
湯築城:愛媛県松山市道後公園                               湯築城探訪:2012.09
湯築城は建武3年に河野通盛によって築かれた。応仁の乱後、河野氏は伊予国の守護であったが、伊予国は河野・宇都宮・西園寺氏によって三分され、抗争が絶えなかった。天正2年(1574)に土佐を統一した長曽我部元親が四国統一をめざして伊予へ侵攻し、天正12年(1584)、河野通直は長曽我部氏の軍門に下った。天正13年(1585)、豊臣秀吉の四国征伐が始まると、秀吉の命により小早川隆景が伊予に侵攻、湯築城を包囲した。河野通直は湯築城を開城して秀吉に降り、河野氏は滅亡した(2年後に病死)。湯築城は、伊予一国を得た小早川隆景に与えられた。天正15年(1587)、隆景は転封し、福島正則が入城するが、居城を府中城へ移したので湯築城は廃城となった。  
 
 湯築城跡の標識  内堀跡/湯築城
 
                      本丸へ   湯築城の本丸跡は何もない 
 
                  本丸等を望む                 武家屋敷が再現されている 
Back