結城藩:結城城
結城藩/結城城:下総(茨城)結城市本町 水野家 譜代 18千石【帝鑑間】子爵       ☆水野勝長が1700年、結城藩に入封し11代160余在封
結城城は城跡公園  親鸞妻玉日姫の墓 山形藩水野家の墓所・万松寺跡  結城藩水野家の菩提寺&墓所は常林寺/東京三田 
 結城藩探訪歴:平成8年4月探訪は大ちゃんと/同13年9月再訪/同26年7月更新  結城藩
※一口メモ
@結城藩水野家は慶長5年(1600年)刈谷藩3万石⇒大和郡山藩6万石⇒福山藩10万石・元禄11年(1698年)無嗣除封⇒名跡を惜しみ、元禄13年(1700)に一門の勝長が能登西谷から結城に領地を移され結城藩が成立した。
A結城藩は、水野家は5家あるが水野家の宗藩ともいうべき藩である。この水野家は家康の生母「
於大の方の生家」である。
B幕末維新時の結城藩:維新時の結城藩は恭順派が主導権をとっていたが、
藩主が旧彰義隊と協力し結城城を攻め落とした。しかし鎮圧され、藩主は廃された。戦後、結城藩は1千石減封された。
C結城城の始まりは、小山政光の4男朝光が養和元(1181)年、下総国結城郡の地頭職に補任され、館を築いた(結城姓を名乗る)。
その後の結城氏は浮き沈みを繰り返してきた。15代政朝・16代政勝の戦国時代になると、下総の戦国大名として、勢力を確立した。天正18(1590)年の小田原征伐では、秀吉側に参陣して、10万石の大名として認められた。 結城氏は、徳川家康の子で関白秀吉の養子となっていた秀康を養子として迎え入れ、慶長6(1601)年、越前福井67万石の大名として転封、結城城は廃城となった。結城の地は天領となっていたが、元禄13年(1700)、能登西谷から水野勝長が結城藩に入封、元禄16年に結城城を再興して居城とした
結城藩の城下にある親鸞の妻墓
万松寺跡にある山形藩水野家墓所群/万松寺は廃寺
結城藩水野家の菩提寺&墓所の常林寺/三田 2006.02参詣  水野家の墓所は領地にはない。
結城藩、結城城址