膳所藩:膳所城   (関ヶ原の戦いに勝利し名実共に天下人となった家康は、翌、慶長6年(1601)東海道の押さえとして、大津城を廃し膳所崎に城を築かせた。膳所城は天下普請として諸大名に命じ築いた城の第1号である。縄張りは藤堂高虎で、湖の中に石垣を築き、本丸西隅に4重4階の天守が築かれた。築城された年に大津城主の戸田氏を3万石で入城させ膳所藩が成立した。)
膳所藩/膳所城 近江(滋賀)大津市 本多家 譜代 60千石【帝鑑間】子爵   ☆本多俊次が1651年に膳所藩に入封し13代210余年在封   
     膳所城移築門/膳所神社に三城門。 移築墨櫓/芭蕉会館。膳所藩校門/和田神社。 村松家老長屋門/響忍寺。 芭蕉の墓/義仲寺
     膳所藩本多家菩提寺、墓所の縁心寺
  膳所藩                     
平成2年1月探訪:安土城/同9年4月/同19年9月B/同24年7月更新    膳所藩の分家:西端藩10千石
膳所藩、琵琶湖畔の膳所城址
膳所藩、膳所城移築隅櫓/芭蕉会館 保存が危ぶまれる 膳所藩、膳所城移築門/膳所神社
膳所藩、膳所城移築門/膳所神社 膳所藩、膳所城移築門/膳所神社
移築の膳所藩の藩校門/和田神社 膳所藩家老村松屋敷長屋門/響忍寺に移築
  膳所藩城下の町並み 膳所藩本多家菩提寺、縁心寺
膳所藩本多家墓所、囲いが墓より高い ちいさなお寺さん、義仲寺。俳句の愛好家が来ていた。
芭蕉の墓 木曽義仲の墓

松尾芭蕉:1644-1649
  江戸時代の俳諧師、俳聖と呼ばれる。
  ”奥の細道”はあまりにも有名。

  木曽の情、雪や生ぬく、春の草(芭蕉)
  
  木曽殿と、背中合せの、寒さかな(又玄)


木曽義仲:1154-1184
  平安時代末期の信濃源氏の武将。
  征夷大将軍となり朝日将軍とも呼ばれた。
  源義経の率いる鎌倉源氏軍に破れ滋賀県大津市で戦死。
※一口メモ:@膳所藩の藩主変遷:戸田家→本多家→菅沼家→石川家→1651年、本多家が伊勢亀山から膳所藩に再封し藩主家が定着
A幕末維新時の膳所藩:維新時の膳所藩は京都が近いこともあり鳥羽伏見の戦いから新政府軍に加わった(膳所藩から507名出兵、戦死は2名)。
 
                                                   著名人   の墓